新着情報

歯が痛い!虫歯が原因? その症状

歯が痛い!虫歯が原因? その症状

歯が痛い時に確認すべき8つの可能性

歯が痛い時に確認すべき8つの可能性

歯が痛いと思ったとき、すぐに虫歯だと決めつけるのは時期尚早かもしれません。 実は虫歯以外にも考えられる原因があるのです。

1.虫歯

歯が痛いといえば、まず連想するのが虫歯。 虫歯初期は痛みがほぼないため、痛いと感じたときにはすでに虫歯がかなり進行していることが大半です。 歯の内部にある“歯髄”には神経が通っており、そこに菌が侵入すると外部刺激がなくとも強い痛みや熱いものに沁みてしまう症状が発生します。 この段階になると神経の処置が必要となり、広範囲を削ったり最悪の場合には神経除去をしたりといった治療をしなければなりません。

2.歯周病

虫歯同様、歯周病も初期段階では自覚症状がほぼありません。 気づかず放っておくと、知らず知らずのうちに炎症が悪化して歯茎から出血・膿が出てしまいます。 また、ものを噛んだ際に痛みが生じることも。 歯みがきの時に出血することが多くなり、さらに痛みが出始めると歯周病の疑いが考えられます。

3.噛み合わせ

虫歯の治療時、歯を削ったのちに詰め物や被せ物をしますよね。 そこで噛み合わせが悪いまま放置してしまうと、一定の歯にだけ強い力がかかって歯周組織に悪影響を及ぼします。 初期は痛みのみですが、長期間放っておくと歯の神経が壊死して頭痛などの合併症状を引き起こすこともあるので大変危険です。

4.知覚過敏

歯みがきをしていると、歯にブラシの先が触れただけで痛みを感じることがあります。 実は、これは知覚過敏の症状の一つ。 普段はエナメル質に覆われているはずの象牙質部分に歯ブラシが触れることで、その刺激が神経に伝達されて痛みが出るのです。 これは誤った歯みがきの方法が主な原因で、歯ブラシの毛先が強く当たるとエナメル質が剥がれて外部刺激を遮断できなくなってしまいます。

5.歯ぎしり

歯をこすり合わせたり食いしばったりすることが習慣化している状態を歯ぎしりといいます。 基本的には寝ている間に出るため無意識なことが多く、ご自身で気づいて改善することは困難です。 歯の噛む面の断面が削られ、象牙質が出てきて冷たいものが沁みたり、痛みが生じたりするようになります。 さらに症状が悪化すると、偏頭痛や肩こり、目の奥の痛みなど全身症状にまで発展してしまう恐れがあり特に注意が必要です。

6.歯根の膿(歯根性歯周炎)

歯根の先端が膿み、それが顎の骨内で増殖して痛みの原因となることがあります。 膿が生じるのは、虫歯による神経の腐敗や神経除去後の細菌感染が主な原因です。 顎の中でグイッと押されたような痛みが出るのが特徴といわれています。

7.親知らず

親知らず

親知らずは二十歳前後に上下左右へ生えてくる歯を指しますが、必ず生えてくるというものではありません。 本数や時期に個人差があり、4本すべて生え揃う人もいればまったく出てこない人もいます。 場合によっては歯の一番奥に親知らずの生えるスペースがないために、真っ直ぐに生えないことや歯茎に埋まったままとなることも。 口腔内の奥の方には歯ブラシが届きづらく、うまく磨けないために虫歯や歯周病を起こすケースもあります。

8.歯の欠損

硬いものを噛んだり歯を強く打ち付けたりした場合に、歯の欠損が起きて痛みが生じる場合があります。 根元からの割れや折れが確認されると、抜歯を余儀なくされることも少なくありません。

虫歯を放置したまま自然に治ることはある?

虫歯を放置したまま自然に治ることはある?

虫歯

口の中に虫歯があると薄々感じていても、治療へ行かないことで後々大掛かりな治療となるケースがあります。 中には一度痛みが出たものの、その後緩和されたため治ったのだろうと考える方もいるようです。 ただ、虫歯は進行性であるため治療をしなければ良くなることはまずありません。 放置をしても、悪化して治療が長期化してしまうため良いことなしです。 虫歯を放っておくとどうなってしまうのか。 今回はそれをテーマにお話します。

虫歯が自然治癒するケースはある?

虫歯菌に一度蝕まれた歯は、基本的に自然治癒することはありません。 しかし“要観察歯”という虫歯の初期段階であれば、正しい歯みがきや自宅ケアのみで治ることがあります。 歯の色が少し黄色っぽいけれど、穴は空いていないという状態の要観察歯。 放置するとすぐに進行し、穴が空いて本格的な虫歯となります。 ここまでくると取り返しがつかなくなりますのでご注意ください。

虫歯を放っておくとどうなる?

耐え難い痛みが続く

虫歯が悪化すると、徐々に歯の内部へと菌が侵入し神経を蝕みます。 神経に達すると非常に強い痛みが生じ、最終的には痛み止めも効かないレベルとなってしまう恐れも。 この状態になると、治療をするにも麻酔が効きづらくにっちもさっちもいかなくなってしまいます。

歯根周りへの感染

蝕まれた神経は壊死・腐敗したのち、そこで菌が殖えて歯根の周りに膿が溜まります。 そして、歯茎の痛みや腫れが生じる原因となるのです。

歯の神経が壊死する

進行した虫歯

神経が少しずつ壊死することで、一旦痛みが引くことがあります。 続いていた痛みがなくなることで治ったのではないかと勘違いする方がいらっしゃいますが、それは誤りです。 決して治ったのではありません。 神経が死んで、何も感じなくなってしまったのです。 神経が死んでしまうと歯に栄養が届かなくなり、あっという間にボロボロになってしまいます。

抜歯が必要になる

虫歯が進行すると歯が壊れて柔らかくなり、治療すらできない状況になってしまいます。 被せ物や詰め物もできず、その歯は抜かざるを得なくなるのです。

周りの組織や全身に悪影響を及ぼす

虫歯菌は、歯だけの問題にとどまりません。 周りの組織や骨にも徐々に広がり、次第にその周辺の器官や組織にも影響を与える可能性があります。 場合によっては副鼻腔炎や蜂窩織炎、骨髄炎といった合併症を引き起こし、重症化するケースもあるほどです。 さらに細菌が血管へ侵入すると、最悪の場合心臓や脳にまで感染してしまうリスクも報告されています。 たかが虫歯、されど虫歯。 放っておくと大きな病気を引き起こすことがあるので、何かおかしなことがあればすぐに歯科医院を受診しましょう。 軽度であれば治療も短時間かつ安価でできることがほとんどです。

口臭が悪化する

神経が腐ると、そこから腐敗臭のようなものが発生します。

初期虫歯の症状、見分け方

初期虫歯の症状、見分け方

虫歯

虫歯になるのは、主にプラーク(歯垢)が原因です。 口腔内に残った食物残渣をエサにし、口内に留まっている虫歯の原因菌がプラークを作ります。 そしてプラークから放出される酸が、あなたの歯をじっくりと蝕んでいくのです。

まずはご自身の歯に日頃から関心を持ちましょう

虫歯菌が歯を蝕み始めると、まずエナメル質の表面が徐々に溶け始めてくすんだ白色に変わっていきます。 この段階ではまだ治療が必須というわけではありませんが、歯科医院にて正しい歯みがき指導や自宅でのケア方法を受けることでさらなる悪化を防ぐことが可能です。 専用の染色液を使うとプラークの残り具合や磨き残し箇所が確認できるので、それをもとに正しいブラッシングを行い、歯の石灰化を促しましょう。 併せて、日頃の生活を見直すことも重要。 普段口にしている甘いお菓子をキシリトールガムで代替したり、歯みがき粉をフッ素入りのものに変えたりといった有効なアドバイスをさせていただきます。 なおC0レベルの状態に何も対策を取らず放置してしまうと、C1レベルに移行してしまうのはあっという間です。 痛みがまだないC0レベルのうちからご自身の歯の状態をよく観察し、虫歯の進行をストップさせましょう。

小さな穴が空いて菌が動き始める虫歯初期段階

虫歯

エナメル質がすべて溶解し、象牙内に留まる状態になるといわゆるC1レベルです。 この頃になると、鏡で見るとご自身でわかるくらいの小さな穴が歯の表面に空き始めます。 “まだよくわからないほどの穴だから問題ない!”などと楽天的に捉えるのは厳禁です! 穴がどれだけ小さくとも、虫歯菌は歯の内部へと確実に侵入しています。 この状態になってしまうと残念ながら、いくらブラッシング方法が丁寧で正しくとも虫歯の進行をストップさせることはできません。

虫歯の見つけ方について

虫歯の前兆を要確認

歯ブラシ

初期の虫歯を見つけるには、日頃からご自身の口腔内をよく観察することです。 その際、“前兆を見逃さないこと”に重点を置いて行うのが大切。 とはいえ歯みがきや自宅でのケアを怠り黄色っぽくなったプラークが歯に付着していると、実は進行をストップできたC0レベルの歯を見落としてしまい、虫歯がどんどん悪化してしまいます。 プラークは、たとえ少量でも馬鹿にしてはいけません。 もし歯みがきの方法やケア用品に関して不安な方がいれば、これを機に歯科医院にてアドバイスを受けるのがおすすめです。 正しいケア方法を習得し、虫歯の進行をストップさせましょう。

知覚過敏と虫歯が紛らわしい?

“知覚過敏”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 症状が虫歯と酷似しており、しばしば勘違いしてしまう人がいます。 知覚過敏は、歯周病等による歯茎の痩せや歯の付け根の露出が主な原因。 加えて、歯みがきのしすぎ等で歯の表面にあるエナメル質が削れてしまい、象牙質が出てくることで刺激が神経を伝達して沁みるという方もいます。 いずれにしても、冷水やアイスクリーム等で歯が痛くなってしまう方は知覚過敏の可能性も十分に考えられます。 当院では知覚過敏に関するご相談も承っており、緩和に向けたケア方法のご提案やレーザー治療も行います。 歯の痛みや沁みに関して、お悩みがある方はぜひ一度ご相談くださいませ。

奥歯がズキズキするのは親知らずが関係しているかも?

近年は比較的顎の小さい方が多く、親知らずの生える余地がないという方が複数いらっしゃいます。 歯茎に埋まったまま内部で周囲の歯を押していたり、生えたとしても横や斜めに向いており歯並び悪化を助長させたりすることも少なくありません。 加えて一番奥の歯は非常に磨きづらく、知らず知らずのうちに虫歯や炎症を引き起こす原因となる可能性もあり危険です。 よって親知らずは、口腔内にトラブルが起きてしまう前に抜いてしまうことをおすすめします。