新着情報

意識で効果が変わる!?歯を綺麗にするために知っておきたい3つのポイント

歯を綺麗にするために、特別に意識していることはありますか?
ニッコリと笑ったときにチラリと見える白くて綺麗な歯に憧れていても、なにもしないで綺麗な歯を手に入れられるわけではありません。歯を綺麗にするためには、日ごろから気をつけておかなければならないことがあります。

こちらの記事では、美しい歯を保てるよう歯磨きの方法や歯の美しさを左右する可能性のある食べ物について紹介していきます。また、喫煙による悪影響についても紹介していますので、タバコを吸う人は参考にしてください。

 

1.歯を汚す原因とは

歯を綺麗にするためには、歯の汚れる原因を把握しておく必要があります。

1-1 飲食物に含まれる色素

お茶やコーヒー、ワインをはじめとしたポリフェノールを豊富に含む飲み物を頻繁に摂取していると歯に色がついてしまいます。

ポリフェノールには種類が数多くあります。たとえば、ブルーベリーやぶどうに含まれるアントシアニン、チョコレートやココアに含まれるカカオマスポリフェノール、ほうれん草などの緑黄色野菜や緑茶に含まれるカテキンなどはポリフェノールの一種です。
ほかにも、歯に色がつきやすいポリフェノールが含まれている食べ物はたくさんあります。

ただし、歯の汚れを防ぎたいからといって栄養バランスの偏った食生活をしては健康を害してしまいます。必要なのは、食後の正しい歯磨きです。

1-2 タバコのヤニ

タバコにはヤニが含まれています。「ヤニ」とは植物性の樹脂の一種でネバネバしていて、歯に一度ついて固まると、なかなか落とす事ができなくなってしまいます。「ヤニ」を漢字変換してみてください。「脂」と変換できるはずです。つまり、ヤニ汚れは油汚れの一種に分類されるのです。台所のあの頑固な汚れと同じだとイメージしていただくと、手ごわいのもお分かり頂けるかと思います。

タバコの種類によって異なりますが、1本につき5~15mmほどのヤニが含まれています。当然、タバコを吸う本数が多くなるほどヤニの汚れはひどくなります。1日に1~2箱ものタバコを吸っているようなヘビースモーカーの歯は、本来の白さがまったくわからなくなっているほど汚れていることも珍しくありません。

2.歯を綺麗にする正しい歯磨きのポイント

2-1 歯ブラシを正しく動かす

歯の汚れを落とすには、歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境目や、歯と歯の間にちゃんと届くように当てる必要があります。これは「力を入れて押し付けてください」というわけではありません、力を入れると逆に細かい部分に毛先が入っていかないだけでなく、歯や歯茎を傷つけてしまいます。

歯ブラシはペンを持つように軽く持ち、歯ブラシの毛先が広がらない程度の力で歯にあててください。その状態で、歯ブラシを 5~10mm ほどの幅で細かく動かして歯を 1~2 本ずつ磨いていくのが、正しいブラッシングの方法です。
なんとなく歯ブラシをゴシゴシと動かしているだけだと、歯と歯の間や裏側など、どこか汚れが溜まったままの部分がでてきてしまいます。

2-2 歯垢が残りやすい場所を丁寧に

歯と歯茎の境目や、歯と歯の間などに歯垢がつきやすいので、歯ブラシの毛先が届くように意識して歯を磨きましょう。舌で触ったときにザラザラした感じがするところに歯垢がたまっていると考えられます。

歯茎に対して 45 度の角度で毛先をあてると、歯と歯茎の境目の歯垢を落としやすいでしょう。これを「バス法」と言います。また、前歯の裏側などを磨くときには、歯ブラシを縦にあてて上下に動かすと、隙間の汚れを落としやすくなります。

虫歯や歯周病の原因となる歯垢は、うがいでは落とすことができません。粘着性があって歯の表面にこびりついているため、歯磨きで取り除く必要があるのです。
歯垢が残りやすい場所はこのように丁寧に磨かないと、虫歯や歯周病を引き起こすリスクが高まります。

2-3 歯磨き粉はつけ過ぎない

歯を綺麗に磨こうと、歯磨き粉をたっぷりつけるのは間違いです。歯磨き粉の量が多いと、歯磨きの最中に口の中が泡だらけになるのでしっかりと磨けなくなってしまいます。歯磨き粉の成分によりスッキリとして磨けたつもりになっても、汚れは残ったままというケースが多いのです。歯磨き粉は、歯ブラシの先に小豆1粒ほどの量をつけるだけで構いません。歯磨き粉の量よりも、正しい歯磨きを長い時間行うことのほうが重要であることを知っておいてください。

2-4 ホワイトニング用の歯磨き粉を使用する

歯磨きの効果を高めるために、ホワイトニング用の歯磨き粉を使うのもよいでしょう。市販のホワイトニング用歯磨き粉には歯の汚れを分解して落とす成分であるポリリン酸ナトリウムやポリエチレングリコールのほか、重質炭酸カルシウムやヒドロキシアパタイトなどの研磨剤が含まれていますから、歯の着色を落とす効果が期待できます。

ただし、研磨剤が入っていますから毎日使用すると歯の表面を傷つけてしまう恐れがあるため、ホワイトニング用歯磨き粉による歯磨きは週に一度くらいのスペシャルケアとして利用することをおすすめします。また、ホワイトニング用の歯磨き粉を使用していれば必ずしも歯が白くなるというわけではないので、汚れを落としても白くならない場合は歯医者さんでのホワイトニングを考えてみてはいかがでしょうか。

3.歯を綺麗にするための食事のポイント

3-1 歯の汚れを落とす食べ物がある

歯の汚れを落とすには、繊維質を多く含んだ食べ物がおすすめです。たとえばゴボウやセロリ、するめ、ひじき、切り干し大根などです。このような食べ物をよくかんで食べると、繊維質によって歯についている食べかすや歯垢などの汚れを落とすことができます。

また、歯垢の主成分であるタンパク質を分解するといわれているパパイン酸という成分にも注目です。パパイン酸は、パパイヤをはじめとしてキウイやパイナップルに含まれています。

3-2 歯の色素沈着を防ぐために食べたいもの

リンゴやナシ、トマト、梅などに含まれるリンゴ酸という成分には、歯の色素沈着や黄ばみを抑える働きがあるといわれています。しかし、リンゴ酸にはビタミンCを壊す作用もありますから過剰に摂取するのはやめましょう。

3-3 歯茎を健康に保つ柑橘類

ビタミンCは歯の健康を維持するのに必要な成分で、不足すると歯茎から出血することがあります。ミカンなどの柑橘類に多く含まれていますが、食べ過ぎると歯のエナメル質をやわらかくしてしまいます。1日にひとつを目安にして摂取するとよいでしょう。

3-4 歯を強くしたいならカルシウムを

歯を強くするカルシウムも積極的に摂取しましょう。牛乳やチーズ、小魚などに含まれていますが、日本人の食生活では不足しがちな成分です。また、ビタミンDにはカルシウムを吸収しやすくする働きがあるので、魚やキノコ類もあわせて食べることをおすすめします。

4.タバコのヤニケアが大きなポイント

タバコを吸っているかどうかが歯の美しさを大きく左右します。タバコは歯の美しさだけでなく健康を損なう恐れがあるので、禁煙するとよいでしょう。

4-1 一度ついたヤニは落としにくい

ヤニの性質上、歯につくと簡単には落とせません。歯が黄ばむだけでなく、独特の嫌なにおいや有害物質を放ち続けます。また、タバコを吸うとビタミンCが破壊されてしまい、歯茎にメラニン色素が沈着しやすくなります。歯茎が黒くなるのは、タバコが原因と考えたほうがよいでしょう。

4-2 タバコを吸うと虫歯になりやすい

タバコを吸っている人は、吸っていない人に比べて虫歯のなりやすさが3倍といわれています。タバコを吸うと自律神経に影響を及ぼして、だ液が分泌されにくくなるのです。そのため、口の中の細菌を洗い流す働きが弱まります。

さらに、だ液には初期の虫歯を修復する再石灰化作用があるのですが、その効果も発揮することができなくなるでしょう。こうして、虫歯の原因となる歯垢が溜まり、虫歯が進行していきやすい環境になるというわけです。また、歯の表面にこびりついたヤニは粘着性が高いので、歯垢が通常に比べてくっつきやすくなるのも虫歯になりやすい原因といえるでしょう。

4-3 タバコが原因で歯周病が悪化しやすい

タバコに含まれているニコチンや一酸化炭素の影響により、血流が悪くなり、免疫力も低下します。それにより、歯周病が悪化しやすくなるでしょう。そのうえ歯茎がかたくなるので、歯周病を発症しても出血がみられにくくなります。そのため、歯周病を早期発見できなく、治療を始めるのが遅くなるのも問題とされています。治療を受けたとしても、タバコを吸っていると治療効果が非喫煙者に比べてあらわれにくいともいわれています。

【※要注意】子供の虫歯は白い歯のままで進行します!

子供の乳歯が部分的にボソボソと白濁しているのを見かけた事はありませんか?歯と歯の間にまだらに白くなっている部分があったり、帯状に色が濁っていたり。これを、気にも止めないで見過ごしてしまう方もいれば、「あれ?こんな色だったっけ?」と気にかかる方もいるでしょう。

大人の虫歯は初期の段階から色が黒や茶に濁るのに対して、乳歯の虫歯は白く濁ったような状態から始まり、進行するとそのままの色でおがくずのように歯が軟かくなっていって、穴が開いていきます。色だけで判断をすると、一見虫歯のようには見えない事が多いので注意が必要です。

勿論、進行していけば黒くなる事もありますが、大抵、黒くなるところまで進行してしまうと、かなり大きな穴があいたり、神経の治療が必要になってしまったりします。この記事では、乳歯の虫歯の特徴やその治療法・予防法について詳しくご紹介いたします。

 

1.乳歯の白い虫歯は進行が早いので要注意!

1-1 乳歯の虫歯はどんな風に白くなる?

健康な乳歯は表面に透明感があるので、艶のある透き通った白色です。しかし、虫歯に冒されると、艶を失って行きます。見え方としては、部分的に白く浮かんでいるような感じです。

これは、虫歯によって艶の元となるエナメル質が溶け始めていることが原因です。実は乳歯だけでなく永久歯の虫歯も、初期の状態ではこのように艶のない白色になり、虫歯が進行するにつれて、茶色くなることがあります。

1-2 乳歯の虫歯は静かに進行します

乳歯の白い虫歯は、白いままで進行するので、注意が必要です。特に歯と歯の隙間などは見えにくいので、進行が確認しづらく、突然穴が空いてしまうこともあります。また、子供が痛みを訴えても、翌日には痛みが引いていたりするので、見過ごされてしまうことが非常に多いです。

1-3 放置すると神経に到達

乳歯は永久歯と違って、表面のエナメル質もその内部の象牙質も薄く、永久歯の半分程度となります。一方、永久歯へスムーズに生え変わるために、根管組織(神経や血管組織)の占める割合は大きくなっています。従って、乳歯の白い虫歯を放置すると、大事な根と神経を傷つけてしまうかもしれません。生え変わる時のことをきちんと考えて、早めの処置を行いましょう。

2.乳歯で虫歯になりやすい箇所は?

2-1 奥歯の歯間や奥歯の溝

永久歯と同様、乳歯で虫歯になりやすいところは、奥歯の歯間や奥歯の溝です。特に、奥歯と奥歯の間は、隙間が狭く、ブラッシングをしても汚れが落としにくいので、フロスなどを使って歯間のお掃除も行ってください。

2-2 上の前歯の間

上の前歯(中切歯)の間も、虫歯になりやすいところです。前歯なので、ブラッシングが不十分になるという理由ではなく、哺乳瓶でミルクや飲み物を与えることで虫歯になりやすい箇所となります。特に、哺乳瓶で飲んだ後に寝てしまうと、睡眠中は唾液の量が減るので、さらに虫歯菌の増殖につながってしまいます。

2-3 歯と歯茎の境目

歯と歯茎の境目が、帯状に白くなっている場合は、虫歯の疑いがあります。また、子供は歯茎が柔らかいので食べかすが詰まりやすく、歯と歯茎の境目のブラッシングなどを嫌がるので、しっかり歯磨きができていないことが多いです。不安な方は、正しい磨き方を歯医者さんに指導してもらうと良いでしょう。

3.乳歯の虫歯の治療法とは

3-1 初期の虫歯の場合

初期の虫歯が白く浮き出て見えるのは、歯のエナメル層のカルシウム成分が溶け出している状態で、専門用語では脱灰といいます。歯はこの脱灰と再石灰化(脱灰した歯の修復)を繰り返していますが、虫歯は脱灰し続けている状態なのです。

歯の表面が白いだけで。まだ穴が空いていない状態であれば、フッ素を塗布し再石灰化を促すことで、虫歯の進行を抑えることができます。

3-2 穴の空いた虫歯や神経に達した虫歯の場合

少し穴が空いた状態であれば、レジン(プラスチック素材)の詰め物をする治療をします。しかし、虫歯が神経まで到達しているようであれば、神経を除去する根管治療が必要になってきます。

乳歯の神経組織は、永久歯に生え変わるためにも、非常に大切な部分で、可能な限り残したいものです。前述した通り、乳歯のエナメル質や象牙質は薄く、虫歯が神経に到達しやすいので、白く見える段階で早期に処置することが肝心なのです。

3-3 抜歯はしないという選択

虫歯が歯の内部まで進行し、神経を取り除いて、大きく削らなければならない状態でも、基本的には抜歯をしない治療がとられます。乳歯を抜いて、隣の歯が寄ってしまうと、永久歯が生えてくるスペースがなくなるからです。永久歯の歯並びにも影響することなので、抜歯はできるだけ避けるべき治療なのです。

4.乳歯期の虫歯予防について

4-1 歯医者さんで行う主な虫歯予防法

乳歯の虫歯は進行がとても速く、こわいものですが、歯医者さんでちょっとした予防策を施すことで、大切な乳歯を守ることができます。主な治療法は、下記のとおりです。

・歯医者さんでの定期的なフッ素の塗布

定期的にフッ素を塗布することで、歯の再石灰化を促し、エナメル質を強化することができます。その際、奥歯の歯間など、普段のブラッシングでは落としにくいところもクリーニングしてくれます。フッ素の塗布は3ヶ月に1度くらいが目安となります。

・奥歯のシーラント

虫歯になりやすい奥歯の溝は、あらかじめシーラント(薄いプラスチック素材)で埋めてしまうことで、予防できます。奥歯の溝はブラッシングしにくく、汚れが溜まりやすいところですが、一度シーラントをしてしまえば安心です。

・唾液の検査

唾液の検査をすることで、虫歯を引き起こしやすい原因を知ることができます。唾液検査によって、口内の虫歯菌の量や、プラークの状態、唾液の量などを調べ、虫歯のなりやすさを知ることができます。それを元に、食生活やセルフケアの適切な改善方法が分かります。

4-2 自宅で行う予防方法

自分で手軽にできる乳歯虫歯の予防方法もあります。主な予防方法は下記のとおりです。

・デンタルフロスで歯間の汚れを除去

特に、磨きにくい奥歯や、虫歯になりやすい前歯の歯間では、デンタルフロスが有効です。

・フッ素入りの歯磨き粉やデンタルリンスを使う

フッ素を配合した市販の歯磨き粉や歯磨きジェルなどを使うことで、歯質を強化することができます。

・歯医者さんで提供されるキシリトール

虫歯菌の酸を抑え、再石灰化を促すキシリトール配合のタブレットなどを使うことでも、虫歯を予防できます。歯医者さん専用の商品もあるので、相談してみましょう。

・家族からの感染を防止

虫歯は感染症の一つでもあります。ですから、家族が口をつけた食器を使わないようにするだけでも、虫歯菌の感染を防ぐことができます。また、自分の口内環境を見直すことも、お子様の虫歯予防につながっていきます。

新型コロナウイルスに対する感染予防対策について

タナベ歯科クリニックでは 患者様には受付にて、歯科医師会作成の新型コロナウイルス用問診票の記入、手指の消毒、検温、治療前にイソジンによる含嗽をお願いしております。


院内は待合室、診療室の窓を開けて換気、待合室になるべく1人になるようアポイントを調整しております。
受付、歯科助手、私と、フェイスシールドを装着して飛沫感染に対応しております。

また従前より、患者さん毎に 紙コップ、紙エプロン、グローブの交換、診療台、待合室の椅子、ドアノブ等の消毒用アルコールでの清拭、器具の滅菌を行い消毒の徹底を行っております。


cado社製の空気清浄機3台(26畳用2台、15畳用1台)の設置等も行い、新型コロナウイルスに備えて、治療をしております。

当院では上記のような取り組みを行っております。

宜しくお願い致します。