新着情報

歯の黄ばみの原因と対策。予防法や歯を白くする方法は?【後編】

 

市販のアイテムで歯の黄ばみは解消できる?

 

 
今回も、引き続き「歯の黄ばみ」をテーマにお話しします。
後半は、適切な手入れの方法について重点的に解説します。
 
最近は、ドラッグストアやバラエティショップへ行くと「ホワイトニングペン」や「歯の消しゴム」といった自宅で使える黄ばみ対策のアイテムが市販されています。
しかし実際のところ、市販のアイテムだけで高い効果を得るのは難しいようです。
またネットでも歯の黄ばみ対策に関する記事が多く出回っていますが、すべての情報が正しいとは言い切れません。ソースが不十分な記事も多く、すべての内容を鵜呑みにすると逆に見た目や健康を損なう可能性すらあります。
歯の黄ばみが気になる方は、自己判断で市販のアイテムを使うことを避け、早めに歯科医院を受診してください。
 
 

市販のホワイトニング歯磨き粉は使い過ぎ厳禁!

着色汚れを取り除きたいからといって、ホワイトニング歯磨き粉を多用するのはNGです。ホワイトニング歯磨き粉の多くには研磨剤が含まれていますが、過度に使うと歯の表面のエナメル質が削れるためです。エナメル質が削れると、むし歯や知覚過敏になる恐れがあります。
研磨材が少ない製品を選んだり使用頻度を工夫したりして、歯に負担がかからないよう注意してください。強い力で磨くことも避けましょう。
 
 

重曹を使ったブラッシングも厳禁!

ネット記事といえば、よく目にするのが「重曹を使用したブラッシング」です。重曹にはザラザラとした成分が含まれており、磨き粉として掃除に有効なのは事実です。
しかしブラッシングで使用すると、研磨力の強さで歯に深刻なダメージを与えかねません。
ほかの目的で使用すべきアイテムを、歯に使わないよう注意しましょう。
 
 

レモン汁や酢を使ったブラッシングもNG!

 

 
我々の歯は酸に弱く、酸性の口腔状態が長引くとむし歯になりやすくなります。コーラやスポーツドリンク、レモン汁や酢といった酸が強い飲食物を摂ると、歯が溶ける「酸蝕歯」を引き起こすでしょう。
「レモン汁や酢などで歯を磨くとよい」というネット記事が散見されますが、これは誤った情報です。
黄ばみは落ちないことはもちろん、エナメル質の溶けるリスクが高まるばかりです。エナメル質が溶けると、内側の象牙質がむき出しになって知覚過敏になりかねません。
正しい方法でケアを行い、歯の健康を維持しましょう。
 
 

歯科医院でできる黄ばみ対策

歯の着色汚れを取り除く場合、歯科医院では「ホワイトニング」を行うのが一般的です。歯の内部へ専用の薬剤を染み込ませて、歯を白くするという方法です。
歯科医院で施術をする「オフィスホワイトニング」と患者さま自身が自宅でできる「ホームホワイトニング」の2種類があり、短期間で効果を実感したい方には前者がおすすめです。
高濃度の薬剤を使用するため高い効果が見込めるほか、即効性も期待できます。その後定期健診に通って歯のクリーニングなどを受けることにより、健康な白い歯を維持できるでしょう。
 
 

まとめ

近年はネットで調べれば、どのような情報も手軽に見つかる時代です。しかし根拠がない記事も多く、鵜呑みにして実践すると歯の健康を損なう恐れがあります。
歯の黄ばみが気になる方は、自分自身であれこれ行う前に歯科医院を受診しましょう。歯科医院で受けられるホワイトニングが、理想の白い歯を手に入れる一番の近道です。
また「PTMC」という歯科クリーニングを受けて、歯の表面に付着したステインを取り除くのも有効な手段です。まずは口腔状態の確認も兼ねて、かかりつけ医で歯科健診を受けてはいかがでしょうか。

歯の黄ばみの原因と対策。予防法や歯を白くする方法は?【前編】

歯の見た目が第一印象を左右する!

 

 
初対面では「見た目の印象が9割」と言われており、中でも口元がイメージを大きく左右します。
例えば歯が白くて美しい人と、黄ばんでいる人とで印象がよいのはどちらでしょうか?
ある調査では、歯が黄ばんでいる人に対して「不衛生」や「不潔」、「口臭がありそう」、「ブラッシングをしていなさそう」といったネガティブな印象ばかりが挙げられていました。
日本で口元の審美性が注目され始めたのは最近ですが、欧米人はもともと歯に対する意識が高いです。歯の白さや歯列が社会的に重視されており、歯が黄ばんでいると就職で不利になると言われるほどです。
日本ではここまでの影響がないかもしれませんが、ホワイトニングやセラミックといった審美治療に興味を持つ方が増えているのは事実です。
キレイで白い歯を手に入れ、相手にポジティブな印象を与えましょう。
 

白い歯の人は好印象?

白くて美しい歯の人は、初対面の人に「明るくてさわやか」や「清潔感がある」といったポジティブな印象を持たれがちです。就職面接などでも「自己管理ができている」「面接官が好印象を受けるのだから、取引先や顧客にもよいイメージを持たれるはず」といったイメージへ到達します。その結果、信頼度がアップし採用へ至る確率が高くなるでしょう。
白くて美しい歯があれば、得をするシーンは多々あっても損をすることはないと思います。第一印象のよさから、友人関係や恋愛もプラスに作用するかもしれません。
ピンとこない人は、逆の立場で考えてみてください。第一印象の相手が、白くて美しい歯であったらどのようなイメージを持ちますか?
きっと答えはすぐに出てくるはずです。
 

歯が黄ばむのはなぜ?

歯の黄ばみには、次の4つが関係しています。自分に該当する内容がないかチェックして、黄ばみの予防に励みましょう。
 

1.加齢

我々の歯の表面には、エナメル質と呼ばれる半透明の層があります。エナメル質は加齢に伴い薄くなるため、その内側の象牙質が透けやすくなります。象牙質の色は黄色っぽいため、歳を重ねるにつれて歯が黄ばんで見えるようになるのです。
象牙質の色には個人差がありますが、歯が黄ばむ一つの理由として知っておいてください。
 

2.歯垢(プラーク)および歯石

毎日ブラッシングを徹底している方でも、口腔内の歯垢をすべて取り除くことは困難です。口の中へ残った歯垢は、2~3日程度で石灰化して歯石になります。
いずれも乳白色をしているため、蓄積すると歯が黄ばんで見えるようになるでしょう。つまり、歯そのものは白色をしていても、付着物の影響で黄ばんで見えるというわけです。
 

3.食習慣

コーヒーやワイン、お茶、紅茶などを飲む習慣はありませんか?色素が強い飲食物を口にすると、歯が着色されて黄ばんでしまいます。着色汚れ、いわゆるステインが付着するのは、飲み物だけではありません。カレーやチョコレート、ケチャップやキムチなどにも要注意です。
 

4.喫煙

喫煙習慣がある人は、歯が黄ばみがちです。室内での喫煙を続けていると、次第に壁紙が黄色っぽくなってしまうのと同じですね。徐々に着色され、気付いたときには歯が黄ばんでいるでしょう。
 

黄ばみを防ぐには?

何より大切なのは、口腔環境の清潔を維持することです。次に紹介する、3つの対策を重点的に取り組みましょう。
 

1.ブラッシング


ブラッシングの際に、低発泡の歯磨き粉を使うことで黄ばみを予防できます。というのも、一般的な歯磨き粉には発泡剤が入っており、歯がよく磨けていると錯覚しがちです。泡立ちだけがよくても、ブラッシングに不備があると黄ばみが生じるでしょう。
低発泡の歯磨き粉は泡がほとんど出ないので、初めて使用する方は驚くかもしれません。しかし泡が出にくい分、時間をかけて丁寧にブラッシングするようになります。磨き残しがなくなり、着色だけでなく口腔トラブルの予防にもつながるでしょう。
 

2.デンタルフロス・歯間ブラシ

先述したように、ブラッシングだけでは歯垢を100%取り除けません。歯と歯茎の間や、歯と歯の間に蓄積した歯垢は、歯ブラシでは除去しにくいためです。
そのようなとき役に立つのが、デンタルフロスや歯間ブラシの存在です。歯ブラシと併用すれば歯垢を除去しやすくなり、歯の黄ばみを予防できるでしょう。
 

3.うがい

こまめなうがいも、歯の黄ばみを防ぐために有効な対策です。特にコーヒーやお茶など、着色しやすい飲食物を口にしたあとは積極的にうがいをしましょう。
外出先などで難しい場合は、水を飲んで原因物質を洗い流すだけでも構いません。ガムを噛んで、唾液の分泌を促すのもおすすめです。
 
 
今回は、歯が黄ばむ原因や有効な対策をお伝えしました。次回も引き続き、同じテーマでお話しします。

新型コロナウイルスに対する感染予防対策について

タナベ歯科クリニックでは 患者様には受付にて、歯科医師会作成の新型コロナウイルス用問診票の記入、手指の消毒、検温、治療前にイソジンによる含嗽をお願いしております。


院内は待合室、診療室の窓を開けて換気、待合室になるべく1人になるようアポイントを調整しております。
受付、歯科助手、私と、フェイスシールドを装着して飛沫感染に対応しております。

また従前より、患者さん毎に 紙コップ、紙エプロン、グローブの交換、診療台、待合室の椅子、ドアノブ等の消毒用アルコールでの清拭、器具の滅菌を行い消毒の徹底を行っております。


cado社製の空気清浄機3台(26畳用2台、15畳用1台)の設置等も行い、新型コロナウイルスに備えて、治療をしております。

当院では上記のような取り組みを行っております。

宜しくお願い致します。